上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手する ※見てくださった方々へ、、ご参考になれば幸いです。よろしければ「拍手」頂ければウレシイです


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング ブログランキングのブログん家 blogram投票ボタン

 注目 Blog 記事タイトル レイアウト変更 を行いました(2010.02.09)
 注目 Blog 記事に tag関連エントリの自動表示 を行うようにしました(2010.01.05)
 注目 伊東温泉・共同浴場10湯比較リスト 公開しました!(2009.12.20)
 注目 Blog 表示高速化のため、記事を要約して表示する方法へ変更しました(2009.12.13)
 注目 伊東温泉共同浴場温泉マップ 公開しました!
 注目 ★全国駅前温泉リスト★ 随時更新中 (2010.8.17 更新) オススメ

伊東温泉 「湯川第一浴場(子持湯)」 オススメ

静岡県伊豆地方は日本有数の温泉地。その中でも東伊豆の伊東温泉には昔ながらの共同浴場が10湯あり「七福神の湯」として観光アピールを行っている。2009.11.24 ~ 27 の期間で伊東熱海の湯巡りを行って共同浴場10湯すべて浸かりつぶしてきました。


まず最初は伊東駅のロータリーからすぐ、湯の花通りの入口近くにある『湯川第一浴場(子持湯)』 。まさに駅前温泉で鉄道旅の途中に利用するのに便利なだけでなく、源泉100%かけ流しの湯が味わえる穴場の浴場です。オススメ


P09B240080.jpg P09B240081.jpg
P09B240082.jpg P09B240083.jpg


基本情報
名称 「湯川第一浴場(子持湯)」
HP なし    ※参考URL 「伊東観光協会 伊東温泉 七福神の湯
訪問日 2009年11月24日
七福神の湯の記載住所 伊東市湯川1-16-10
立地 JR伊東線・伊豆急行線「伊東」駅 徒歩1分
営業時間 14:00~21:30
休み 毎週月曜日
料金 大人 200円
支払方法 番台で直接支払い
家族風呂 あり
鍵付ロッカー有無 ○脱衣場鍵付   ※別に大きめのロッカーが靴箱横にあり
鍵付靴箱有無 ×
温泉分析書及び成分に影響を与える項目(構造設備)の掲示事項
温泉分析書掲示
構造設備掲示 ×
加水 -掲示なし   ※女将さん曰くしていないとの事
加温 -掲示なし   ※女将さん曰くしていないとの事
循環 -掲示なし   ※所見により循環設備なし
ろ過 -掲示なし   ※所見によりろ過設備なし
消毒 -掲示なし   ※女将さん曰くしていないとの事
水風呂 なし
浴槽の種類 一般内湯浴槽1つのみ
源泉専用浴槽の有無
泉質 単純温泉(低張性・弱アルカリ・高温泉)
源泉 岡温泉(岡221号)、湯川温泉(湯川1号)の混合泉
  ・岡221号 泉温55.6℃ 湧出量 184 L/min 動力 水中ポンプ
・湯川1号 泉温27.5℃ 湧出量 200 L/min 動力 タービンポンプ
泉温 42.3℃(気温:10.8℃)、pH値 8.4
飲泉
  加水加温循環消毒なしの源泉100%かけ流し
  ※オススメ5段階評価※  5.gif


伊東駅改札前はロータリーですが、右側ロータリー沿いに歩く。ちなみに観光協会で「伊東温泉GUIDE MAP」を入手する事をオススメしますオススメ。道向かいにパチンコ屋さんがありますが、その横のビルの地下が浴場となります。徒歩1分の距離91。まさに駅前温泉ですね。「伊東温泉大衆浴場」としか看板には書かれていませんが駅すぐですしわかりやすい。私が訪れた際はご夫婦と思われるカップルがなにやら入口で見つめていました(苦笑)。地下だしちょっとアングラな感じがするし入るのを戸惑っているのでしょうか235、・・あはは。私はいざ、突撃。

狭い階段を下る途中には営業時間休日の案内。14:00からの営業なので立ち寄りの際は時間にご注意。伊東温泉の共同浴場の多くは14:00以降というところが多いです。

P09B240084.jpg P09B240085.jpg

地下に降りると手前が男湯入口、奥は女湯。中ほどに女将さんが背中越しに座っており昔ながらの番台スタイル185。料金は大人200円で直接現金で支払う。

左手は靴箱なのだが横にロッカーがある。ディパック背負っていたので女将さんが鍵を貸してくれて大きい荷物はこのロッカーにしまう。旅行者には専用の大きめのロッカーが備え付けてあると大変ありがたい237。実は湯川地区には3軒の共同浴場があるがすべて同じロッカーが備え付けてあり番台で鍵を貸してもらえる。駅から程近い湯川地区エリアならではの組合の配慮なのであろう、旅人にはうれしい限りだ。もちろん無料である。

P09B240087.jpg P09B240088.jpg

脱衣場は左右に棚が並ぶ。どちらも木製の棚で昔ながらの雰囲気。なかなかシブイ。

P09B240089.jpg P09B240098.jpg

温泉分析書の掲示。湯川地区の3軒の共同浴場では組合管理の混合泉を利用している。そのため温泉分析書の掲示は3軒共に同じで内容は湯川第二浴場のものとなっている。源泉は岡温泉(岡221号)、湯川温泉(湯川1号)の混合泉で岡221号源泉は55.6℃と湯温が高く、湯川1号源泉は泉温27.5℃と低く温度を下げて利用している。混合泉の温度は42.3℃。


成分に影響を与える項目(構造設備)に関する掲示は残念ながらなし。伊東の共同浴場すべてで明確な掲示がなくここは今後改善を望むところです。

P09B240092.jpg P09B240094.jpg

脱衣場から浴室を望む。先客はおひとりだけであった。浴室真ん中に浴槽があり、そのまわりに洗い場が並ぶスタイル。浴槽はタイル張りで溢れた湯は四方の縁よりかけ流されている。カランの蛇口はお湯のみで水はなし、シャワー設備もないシンプルなものだ。

浴槽はかなりコンパクトなもので大人4人でいっぱいといったところか。帯広の「アサヒ湯」と同等くらいかな。実際はほぼ私ひとりの貸切状態だったので特に問題はないが、混み合う時間帯は譲り合いが必要でしょう。

まずはカランの湯で体を洗い流す。湯はちょっと熱め。口に含んでみるとまろやかで薄カルシウム感。ミネラルフォーターのホット版っていった感じです。

湯温だが最初はちょっと熱いと感じる温度、体感温度で42℃くらいだと思う。しばしゆっくり浸かっていくと心地よさ満点。豪快に湯が浴槽から溢れだしていく・・・。

泉質は単純温泉で無色透明無味無臭。クセがまったくなく悪く言えば温泉らしさを感じない湯ともいえる。トロ味感もないしね。ただ刺激が少なく肌の弱い方でも安心して浸かれる湯です。

P09B240093.jpg 湯口は浴槽下で真ん中に小さい穴がありここが噴出口。右の大きめのものは浴槽の栓。私は勝手に「伊東スタイル」と呼ぶ事にしたが、浴槽下から湯が流れ出して自然対流させる方法はなかなか良い知恵と言える。

所見ではカランの湯と浴槽の湯の温度は同じだったので加水加温はしていないように思える。循環設備は見られないのでかけ流しであることは見て取れる。塩素消毒の有無はわからないが湯からはまったく塩素臭は感じられない。


実際浸かって見ると湯が新鮮である事が感じ取れる。鮮度の良い湯は体に染み渡ってくるのがわかる。まさにフォースの力だ。これは循環湯では味わえないし、またこの湯舟の大きさがさらに鮮度を感じるのに適した大きさであるのだろう。帯広の「アサヒ湯」もそうであったが、新鮮な湯を直に味わうにはこのぐらいのこじんまりした湯舟が最適なのだろう。

湯上がり後、体はすっかりポカポカであった。かなり温まる湯である。残念ながら休憩所はないのでゆっくりできるスペースはないのだが、引き上げる際に女将さんから声をかけられた。

女将さんのマナベさん。私が趣味で温泉ブログをやっていることを伝え写真を撮らせていただいた。物腰静かな気の良いおかあさんでした。
P09B240100.jpg
(女将さん) 温まりましたか?
(やっすぃぃぃー) いやーー、よく温まる湯ですね。すっかりポカポカです。
(女将さん)
ここの湯は湯川で一番熱くて温まるんですよ。
(やっすぃぃぃー)
そうなんですか、これから次のところへ寄るんです。伊東の共同浴場すべての湯巡りをしているんですが、ここでは加水や加温はしているんですか?
(女将さん) 
湯量の調節だけで湯温調節をしているので他には何も・・
(やっすぃぃぃー)
そうですか。ここは駅からもすぐで便利だしブログで紹介しますよ。
(女将さん)  
 ニコニコ

他にもいくつかお話をさせていただいたがこんな感じでした。

 

オススメ5段階評価ですが、レベル「」といたしました。駅から徒歩1分91という好立地のまさに駅前温泉であること、源泉100%かけ流しの湯が味わえる事、しかも料金は200円である228。大きめのロッカーも備え付けてあり無料で利用できるので旅行者の立ち寄り湯の利用もしやすい。


難点としては湯舟が小さく大人数人でいっぱいとなってしまうところと休憩所がなくちょっとくつろぐスペースがないところか。でもこのこじんまりとした湯舟が湯の鮮度を保つには十分役立っており逆に湯の良さにつながっていると私は思う。湯川地区は近所に他の施設もあるし、地元客の利用も少なめのように感じる。


実は伊東温泉の共同浴場では一番の穴場がここ子持湯なのかもしれない。

関連記事

拍手する ※見てくださった方々へ、、ご参考になれば幸いです。よろしければ「拍手」頂ければウレシイです

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

tag :温泉 立ち寄り湯 駅前温泉 かけ流し 伊東市内 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング ブログランキングのブログん家 blogram投票ボタン

 注目 Blog 記事タイトル レイアウト変更 を行いました(2010.02.09)
 注目 Blog 記事に tag関連エントリの自動表示 を行うようにしました(2010.01.05)
 注目 伊東温泉・共同浴場10湯比較リスト 公開しました!(2009.12.20)
 注目 Blog 表示高速化のため、記事を要約して表示する方法へ変更しました(2009.12.13)
 注目 伊東温泉共同浴場温泉マップ 公開しました!
 注目 ★全国駅前温泉リスト★ 随時更新中 (2010.8.17 更新) オススメ

tag関連エントリ(Google AJAX Feed)

Loading..Please Wait

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

投稿後は管理人承認待ちとなり、承認の上公開されます。記事とは関係のないトラックバックは予告なく削除対象となりますので予めご了承ください。



子持湯

伊豆半島の東側にある、別府や熱海と並ぶ日本屈指の温泉地です。毎分約35,000リットルの豊富な湯量は静岡県一、温泉湧出口は800口を超えると言われています。昔ながらの面影を残す情緒溢れる湯宿から、近代的なリゾートホテルまで建ち並び、四季を通じて多くの観光客で賑?...

コメント


コメントの投稿

投稿後は管理人承認待ちとなり、承認の上公開されます。記事とは関係のないコメントは予告なく削除対象となりますので予めご了承ください。


非公開コメント

ブログ内 記事検索
カテゴリ
全記事一覧表示
カテゴリ別全タイトル表示 NEW
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
タグリスト

RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ホームページリンク
素材リンク集
ゆーりの休日 2000ピクセル以上のフリー写真素材集 写真素材ポラリス
フリーエリア
リンク
プロフィール

やっすぃぃぃー

Author:やっすぃぃぃー

趣味はダイビングと鉄道旅行。ダイビングライセンスはダイブマスター、鉄道ではJR全線乗りつぶし達成済という異才。温泉、駅弁、ラーメン、路面電車、お城巡りも好きな凝り性。横浜市内在住。HP

やっすぃぃぃーの愛車
レガシィ

スバル・レガシィB4の話題を『みんカラ』SNSでいろいろまとめてます。車の話題を随時掲載中です♪
『亡き後を考える』シリーズ記事
温泉トピックス
温泉比較リスト
温泉マップ
GoogleMAPで温泉マップを作成しました。湯巡りの際のご参考に!

伊東温泉共同浴場10湯
鹿児島市内温泉銭湯20湯
ブログ開設から何日経った?
サイト内 人気ページランキング
検索サイト キーワードランキング
FC2拍手ランキング
FC2アクセスランキング
25位 温泉旅行
352位 旅行
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログパーツ レンタルCGI
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。