上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手する ※見てくださった方々へ、、ご参考になれば幸いです。よろしければ「拍手」頂ければウレシイです


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング ブログランキングのブログん家 blogram投票ボタン

 注目 Blog 記事タイトル レイアウト変更 を行いました(2010.02.09)
 注目 Blog 記事に tag関連エントリの自動表示 を行うようにしました(2010.01.05)
 注目 伊東温泉・共同浴場10湯比較リスト 公開しました!(2009.12.20)
 注目 Blog 表示高速化のため、記事を要約して表示する方法へ変更しました(2009.12.13)
 注目 伊東温泉共同浴場温泉マップ 公開しました!
 注目 ★全国駅前温泉リスト★ 随時更新中 (2010.8.17 更新) オススメ

伊豆伊東市内・温泉共同浴場オブジェクション(その3) 注目

3回目の今回は七福神の湯についてさらに細かく見て全体的な印象や傾向などについてまとめておきたいと思います。

共同浴場とはなんぞや?、銭湯と公衆浴場とはどう違うのか・・。言葉ではいろいろ語られるが明確な分類があるのかは私にはよくわかりませんが、私の認識では共同浴場とは地元地域の方々や管理組合が維持運営しているところだと思っています。伊東温泉の各外湯はまさにそれで、地区毎に管理組合や地元の方が湯を管理しています。


また、ジモ専湯(地元専用の湯)とせず一般観光客も手軽に共同浴場が利用できるのも湯巡りファンにはありがたい。ジモ専湯があっても別にいいのですが、観光客向けという施設ではローカルな雰囲気が伝わらないしそれなら宿の日帰り立ち寄り湯とどう違うのかってことになってしまいます。やはり地元の方が湯に身近に接するところを見て初めて文化を知ることができるのも事実です。地元ユーザーの何気ない会話にその地域の特色が出ているし、実際に”ここの湯が一番だ”、”あそこは・・だ”とかいう会話も耳に入ってきたしね。

まず今回最初に共同浴場10湯制覇してみた感想からお話しますと、ほんとうに地域密着の湯だということ。平日にもかかわらず昼の営業開始から超満員だった施設もあり、全体的には利用客が多くて湯が好き温泉好きな人ばかりなんだなぁと感じました。しかもみんなゆったり湯に入ってますしね。

またあまり観光客に知られていないのか・・、伊東は湯の街だし温泉宿も多いので多くの観光客は共同浴場には足を運ばないのかな。私のような観光湯巡りユーザーの同業者?にはほとんどあいませんでした。私は首からカメラ下げて挙動不審でキョロキョロしながら激写(盗撮?)しているから、地元客でないことは周りにはバレバレなのですが(苦笑)。

地元の方々も特に観光客を毛嫌いしたりもせず、それほど敷居が高かった地域という感じではなく良い印象でした。きさくに話かけてくれる方や石鹸を貸そうかと話してくる方も・・(あえて持っていってないんですけども)。地元の方からすればお風呂は体を洗う場なんでしょうけども、私には湯に浸かる場なわけで来ているので石鹸を忘れているわけではないのですよ・・。ははは235

それと浴場の規模ですが、ほんとにこじんまりしたところから新築の立派なところまでさまざまでした。ただ全体的にはこじんまりした昔ながらの銭湯の雰囲気が色濃く残り、そういった雰囲気が好きな私にはうれしかったですね。

伊東の共同浴場の最大の特徴は浴槽で、規模は大小ありますが以下のスタイルのものがほとんどです(全部ではない)

P09B240086.jpg


浴室内の中ほどに湯舟があり、周りに洗い場が並ぶというレイアウト。伊東市の伊東温泉七福神の湯のHPでは以下のような説明があります。

 

伊東のお風呂は関西型で風呂場の真ん中に浴槽があるタイプがほとんどです。
関東型の壁にくっついた浴槽で、富士山の絵が描いてあるといったタイプはありません。


風呂場の真ん中に浴槽があるのは「関西型」っていうんだ・・。へぇ、、うどんやそばみたいですね(笑)。銭湯第一人者の庶民文化研究家・町田忍氏のコメントとか知りたいですね。ちなみに私は個人的にそばは関東風、うどんは関西風が好きです271


湯の流入口は浴槽のなかほどの小さい穴がそうで、ここから湯が注ぎ込まれています。右下の大きめの穴は浴槽の栓で清掃時にぬく栓です。湯はタイル張りの浴槽縁からオーバーフローし、特にどこかに切れ込みが入っているわけでもないので四方に湯が流れていく構造です。

 

この構造はなかなか優秀で、新鮮で熱い湯が浴槽中心下から注ぎ込まれると、自然対流により湯は四方に広がります。溢れた湯は自然に四方から流れ出すので、浴槽内の温度が場所によって異なることが少なく循環しないかけ流しではなかなか効率的。もちろん上記写真の湯川第一浴場(子持湯)はかけ流しの湯です。

 

伊東の多くの共同浴場がこのスタイルであり、昔ながらの知恵が活かされたものといえる。勝手にここでは「伊東スタイル」と呼ぶことにする235

 

次回も印象や傾向のお話を続けてみようと思います。


関連記事

拍手する ※見てくださった方々へ、、ご参考になれば幸いです。よろしければ「拍手」頂ければウレシイです

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag :温泉 立ち寄り湯 駅前温泉 温泉宿 伊東市内 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング ブログランキングのブログん家 blogram投票ボタン

 注目 Blog 記事タイトル レイアウト変更 を行いました(2010.02.09)
 注目 Blog 記事に tag関連エントリの自動表示 を行うようにしました(2010.01.05)
 注目 伊東温泉・共同浴場10湯比較リスト 公開しました!(2009.12.20)
 注目 Blog 表示高速化のため、記事を要約して表示する方法へ変更しました(2009.12.13)
 注目 伊東温泉共同浴場温泉マップ 公開しました!
 注目 ★全国駅前温泉リスト★ 随時更新中 (2010.8.17 更新) オススメ

tag関連エントリ(Google AJAX Feed)

Loading..Please Wait

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

投稿後は管理人承認待ちとなり、承認の上公開されます。記事とは関係のないトラックバックは予告なく削除対象となりますので予めご了承ください。



コメント


コメントの投稿

投稿後は管理人承認待ちとなり、承認の上公開されます。記事とは関係のないコメントは予告なく削除対象となりますので予めご了承ください。


非公開コメント

ブログ内 記事検索
カテゴリ
全記事一覧表示
カテゴリ別全タイトル表示 NEW
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
タグリスト

RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ホームページリンク
素材リンク集
ゆーりの休日 2000ピクセル以上のフリー写真素材集 写真素材ポラリス
フリーエリア
リンク
プロフィール

やっすぃぃぃー

Author:やっすぃぃぃー

趣味はダイビングと鉄道旅行。ダイビングライセンスはダイブマスター、鉄道ではJR全線乗りつぶし達成済という異才。温泉、駅弁、ラーメン、路面電車、お城巡りも好きな凝り性。横浜市内在住。HP

やっすぃぃぃーの愛車
レガシィ

スバル・レガシィB4の話題を『みんカラ』SNSでいろいろまとめてます。車の話題を随時掲載中です♪
『亡き後を考える』シリーズ記事
温泉トピックス
温泉比較リスト
温泉マップ
GoogleMAPで温泉マップを作成しました。湯巡りの際のご参考に!

伊東温泉共同浴場10湯
鹿児島市内温泉銭湯20湯
ブログ開設から何日経った?
サイト内 人気ページランキング
検索サイト キーワードランキング
FC2拍手ランキング
FC2アクセスランキング
12位 温泉旅行
252位 旅行
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログパーツ レンタルCGI
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。