上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手する ※見てくださった方々へ、、ご参考になれば幸いです。よろしければ「拍手」頂ければウレシイです


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング ブログランキングのブログん家 blogram投票ボタン

 注目 Blog 記事タイトル レイアウト変更 を行いました(2010.02.09)
 注目 Blog 記事に tag関連エントリの自動表示 を行うようにしました(2010.01.05)
 注目 伊東温泉・共同浴場10湯比較リスト 公開しました!(2009.12.20)
 注目 Blog 表示高速化のため、記事を要約して表示する方法へ変更しました(2009.12.13)
 注目 伊東温泉共同浴場温泉マップ 公開しました!
 注目 ★全国駅前温泉リスト★ 随時更新中 (2010.8.17 更新) オススメ

温泉津温泉「薬師湯」 オススメ

中国エリア山陰地方のオススメの温泉として、温泉津温泉を取り上げよう。山陰本線温泉津(ゆのつ)駅が最寄駅だ。


駅から徒歩15分ぐらいに温泉街がある。駅から歩くと徒歩5分ぐらいで道の左側に「小浜温泉」がある。商店街の1角にひっそり建っている共同浴場なので見落としがちだが、私も知らずにたまたま見つけた。営業時間が16:00からであり残念ながら利用出来なかったが、案内板をみると源泉は約28℃と低いために加温しているが、かけ流しだそうだ。夕方の立ち寄り湯であれば駅前温泉としてはこちらも利用価値が高いので情報まで。次回は是非訪れて見たい。

 

温泉津温泉の立ち寄り湯は「元湯」と「薬師湯」の2軒。それぞれ道を挟んで建っているのでどちらを利用しても良いが、私は「薬師湯」を利用した。「元湯」は湯温が高めだとのことで、のんびり湯あみ派の私としては「薬師湯」を選んだ次第だ。

 
 P092090178.jpg

名称 薬師湯(湯元)
HP http://yunotsu.com/
訪問日 2009年2月9日、10日
立地 駅より徒歩15分程度、温泉街の中ほどにある
営業時間 5:00~21:00 年中無休
料金 300円  洗髪料50円
泉質 ナトリウム・カルシウム一塩化物泉(等張性中性高温泉)
  加水加温循環消毒一切なしの源泉100%かけながし
源泉 45~46℃ 地下2~3m自然湧出。
  ※オススメ5段階評価※5.gif

P092090185.jpg

温泉津は温泉地としては初めて世界遺産に登録され、また国の「重要伝統的建築物郡(町並み保存)」に指定されている。温泉街はひっそりと鄙びた感じだ。「薬師湯」は明治5年(1872年)の浜田大地震の時に地殻変動で大量に噴出した温泉。入口のとなりには旧舘があり洋風レトロ調、現在はギャラリー&カフェとなっている。この「薬師湯」は日本温泉協会審査で全国に12箇所しかない最高評価「オール5」を獲得。自然湧出の本物のかけ流し湯である。

温泉通でなくてもこの成分が蓄積し石化した湯舟の写真を見たことがある方も多いだろう。私も高濃度の極上の湯を求めて「薬師湯」を訪ねた一人だ

 

早速中へ入る。昔ながらの番台だ。初めてですか?っておねーさんに聞かれいろいろ親切に説明していただいた。私が訪れた際は先客は5人程度。さて、肝心の湯は??? すばらしい湯だ!。薄茶色というか湯船の湯はグレーっぽいが、ちょっと湯は塩味をおびている。新鮮な湯であるとすぐ実感できる。濃厚な成分がこの鍾乳石のようなまだら模様の流し場を作り上げたのだろう。人間がずっとこの湯を浴びていたら皮膚があの模様になるのか?!・・なわけないよね(笑)。エネルギーが満ちている湯である。湯温はちょっと熱めだったが冷えた体に染み渡りまさに極楽・・・ふぅぅ。

出ては入ってしばしゆっくりする。かれこれ1時間は入っていたか。本当にいい湯だった。上の湯舟の写真は先客がいなくなった際に撮影したものだ。曇ってなかなかいい写真がとれず苦労したが(笑)。

 

温泉津温泉だがこれまで2度訪れた。1度目は2007年8月30日。8泊9日でJR九州乗りつぶし制覇と山陰地方を巡っていた際に温泉津温泉に宿泊した。宿は「旅の宿 輝雲荘」で宿の温泉のみで立ち寄り湯はしなかった。そして2007年年末に中国地方流れ旅の道中、温泉津温泉に立ち寄り湯予定だったが強風の影響で列車ダイヤが乱れ立ち寄りを断念。その後JR完乗後に湯巡りの旅に出たが、その旅が2度目であり2009年2月9日である。その際も同じ宿に泊まったのだが、予定より早くついたので先に「薬師湯」に立ち寄りした。また湯上がり後は温泉街もゆっくり散歩し、温泉津を満喫した。次の日チェックアウト後にも「薬師湯」へ再訪し極上の湯を堪能した。

列車の接続だが、山陰本線はだいたい1時間に1本程度の列車本数だ。快速「アクアライナー」がボックスシートも多く旅向けの車両なのでオススメ。普通列車はキハ120がほとんどなのでボックスシートが4つしかない。日本海の車窓はボックスシートで楽しみたいものだ。特急は「スーパーおき」「スーパーまつかぜ」があるが温泉津通過する便もあるので注意願いたい。

 

本当にオススメの湯である。オススメ5段階評価ですがオール5である。実際湯質に関しては6をあげたいくらいだ。マイナス点はないのか?ということだが、駅から温泉街が徒歩15分くらいと多少離れており駅前ではなく駅近であるということか。。立ち寄りももちろんだが一度ゆっくり温泉津温泉に泊まってみてほしい。


関連記事


拍手する ※見てくださった方々へ、、ご参考になれば幸いです。よろしければ「拍手」頂ければウレシイです

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

tag :温泉 駅前温泉 立ち寄り湯 かけ流し 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング ブログランキングのブログん家 blogram投票ボタン

 注目 Blog 記事タイトル レイアウト変更 を行いました(2010.02.09)
 注目 Blog 記事に tag関連エントリの自動表示 を行うようにしました(2010.01.05)
 注目 伊東温泉・共同浴場10湯比較リスト 公開しました!(2009.12.20)
 注目 Blog 表示高速化のため、記事を要約して表示する方法へ変更しました(2009.12.13)
 注目 伊東温泉共同浴場温泉マップ 公開しました!
 注目 ★全国駅前温泉リスト★ 随時更新中 (2010.8.17 更新) オススメ

tag関連エントリ(Google AJAX Feed)

Loading..Please Wait

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

投稿後は管理人承認待ちとなり、承認の上公開されます。記事とは関係のないトラックバックは予告なく削除対象となりますので予めご了承ください。



コメント


cup 加筆修正


加筆修正しました

cup レイアウト修正


サムネイル写真の入れ替えに伴いレイアウトを修正しました。

コメントの投稿

投稿後は管理人承認待ちとなり、承認の上公開されます。記事とは関係のないコメントは予告なく削除対象となりますので予めご了承ください。


非公開コメント

ブログ内 記事検索
カテゴリ
全記事一覧表示
カテゴリ別全タイトル表示 NEW
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
タグリスト

RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ホームページリンク
素材リンク集
ゆーりの休日 2000ピクセル以上のフリー写真素材集 写真素材ポラリス
フリーエリア
リンク
プロフィール

やっすぃぃぃー

Author:やっすぃぃぃー

趣味はダイビングと鉄道旅行。ダイビングライセンスはダイブマスター、鉄道ではJR全線乗りつぶし達成済という異才。温泉、駅弁、ラーメン、路面電車、お城巡りも好きな凝り性。横浜市内在住。HP

やっすぃぃぃーの愛車
レガシィ

スバル・レガシィB4の話題を『みんカラ』SNSでいろいろまとめてます。車の話題を随時掲載中です♪
『亡き後を考える』シリーズ記事
温泉トピックス
温泉比較リスト
温泉マップ
GoogleMAPで温泉マップを作成しました。湯巡りの際のご参考に!

伊東温泉共同浴場10湯
鹿児島市内温泉銭湯20湯
ブログ開設から何日経った?
サイト内 人気ページランキング
検索サイト キーワードランキング
FC2拍手ランキング
FC2アクセスランキング
25位 温泉旅行
352位 旅行
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログパーツ レンタルCGI
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。