上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手する ※見てくださった方々へ、、ご参考になれば幸いです。よろしければ「拍手」頂ければウレシイです


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング ブログランキングのブログん家 blogram投票ボタン

 注目 Blog 記事タイトル レイアウト変更 を行いました(2010.02.09)
 注目 Blog 記事に tag関連エントリの自動表示 を行うようにしました(2010.01.05)
 注目 伊東温泉・共同浴場10湯比較リスト 公開しました!(2009.12.20)
 注目 Blog 表示高速化のため、記事を要約して表示する方法へ変更しました(2009.12.13)
 注目 伊東温泉共同浴場温泉マップ 公開しました!
 注目 ★全国駅前温泉リスト★ 随時更新中 (2010.8.17 更新) オススメ

箱根芦之湯温泉 「きのくにや旅館」 その1

創業1715年、約300年の歴史を誇る老舗旅館「きのくにや旅館」。江戸時代の大街道「東海道」の箱根越えは難所として知られ温泉で疲れを癒したという。箱根の芦之湯は平安時代からの湯治場であり箱根でももっとも古い温泉地。文人歌人も多く宿泊した「きのくにや旅館」を今回宿泊で利用した。


P099160031.jpg P099160032.jpg


名称 箱根芦之湯温泉きのくにや旅館(紀伊国屋旅館)
公式HP http://hakone-kinokuniya.co.jp/
訪問日 2009年9月16日
立地 下記Googleマップ参照
カード 利用可。限定プラン等は現金支払いをお願い。
チェックイン・アウト チェックイン 14:00 、チェックアウト 10:00
今回利用プラン名 【本館プラン】男一人旅★俺の箱根プラン♪
プラン内容 男性限定の一人旅プラン。春還楼(バス・トイレ付き) 和室1名1室
予約時のメール ★約300年、きのくにや敷地内で湧き続けるにごり湯を満喫しませんか?
★貸切風呂1回30分無料!
※貸切風呂は、チェックイン時に先着順にてご予約いただけます。
※混雑状況により、ご利用いただけない場合もございます。

■お食事
箱根和豚(わとん)もち豚や箱根高原野菜を取り入れ、旬の素材を活かした宝蔵会席でおもてなしさせて頂きます。
※お部屋でのお食事ではありません。
※朝食はバイキング。夕食は和ダイニングをご利用いただきます。

■お風呂
肌にやさしい、弱アルカリ性の硫黄泉です。
自家源泉のにごり湯、露天の温泉、貸切風呂等、さまざまなお風呂がございます。こころ行くまで箱根の名湯をご堪能下さいませ。

■温泉へのこだわり
二つの特徴をもつ温泉を完全分離しました。

1.まったり型の硫黄源泉(自家源泉)
2.さっぱり型の弱アルカリ性湯の花揚湯泉(引泉)

それぞれの浴感の違いを存分にご堪能頂くため、別々な湯使いの改良に取り組んでいます。
料金 1泊2食ひとり部屋利用大人 16,000円(税込・サービス料込、入湯税別)

日帰り入浴営業時間 12:30 ~ 16:00
日帰り入浴料金 大人1,000円(利用2時間以内)
風呂 ・湯香殿(内湯1、外湯2)
・貴賓殿(内湯1、外湯1)
・宿泊者専用(家族風呂、貸切露天、源泉風呂)
泉質 単純硫黄泉、弱アルカリ性低張性温泉
源泉 ・芦之湯一号泉(自然湧出・中性単純硫黄泉)
・芦之湯三号六号泉(自然湧出・中性単純硫黄泉)
・湯の花揚湯二号泉(引湯・弱アルカリ重曹芒硝泉)
  ※オススメ5段階評価※


大きな地図で見る

箱根は横浜からも近く車でドライブがてら出かけるには丁度よい距離。2ヶ月ぐらい温泉から遠のいていたので9月の5連休前にちょろっと一泊して帰ってくる旅に出た。


久しく箱根の湯はご無沙汰であったが宿泊先に選んだのは「きのくにや旅館」。ここだがケーブルTVで放送されている「旅チャンネル」の「元気がもらえる!5ツ星源泉宿」という番組で芦之湯温泉の「きのくにや」と「松坂屋本店」がとりあげられていた。どちらも自家源泉を持つ老舗旅館ではあるが、「松坂屋本店」は高級旅館で料金がひとり旅ではちょっと高すぎる。「きのくにや」は一人旅でも利用できるプランがあり、江戸時代の湯を復元した貸切湯の「正徳の湯」が趣があり是非浸かってみたいと前々から思っていたのが理由。


そんなわけで宿泊日の前日であったが、きのくにや公式HPより「 【本館プラン】男一人旅★俺の箱根プラン♪」という1泊2食ひとり部屋利用 16,000円のプランを予約し利用することにした。


やっぱり箱根は相場が高いなぁ、16,000円ってけっこういい値ですよねぇ。いい湯とおいしい食事くつろげるお部屋であることを祈るのみです。


・・・と書いておきながらすでに私の「オススメ5段階評価」は「」とした次第です。記事をまとめるにあたり利用後にネットのクチコミや評判の情報収集をしてみましたが皆さんの評判は上々、評価はなかなか高い部類みたいですね。しかしながら私は平均点評価の「」の評価だとあえて声をあげることにします。別に気分を害したことがあったわけではないんです。そういうことではなく、今後まとめる記事をご覧いただき参考にしていただきたいのですが、情報の正確性と湯への感性の再認識をテーマにとりあげていきます。


今後数回に分けて記事をお届けしますのでお楽しみに。

 

※記事は全16回になっています。以下のトラックバックリンクをご参照ください※

関連記事

拍手する ※見てくださった方々へ、、ご参考になれば幸いです。よろしければ「拍手」頂ければウレシイです

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

tag :温泉 温泉宿 駅前ではない温泉 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング ブログランキングのブログん家 blogram投票ボタン

 注目 Blog 記事タイトル レイアウト変更 を行いました(2010.02.09)
 注目 Blog 記事に tag関連エントリの自動表示 を行うようにしました(2010.01.05)
 注目 伊東温泉・共同浴場10湯比較リスト 公開しました!(2009.12.20)
 注目 Blog 表示高速化のため、記事を要約して表示する方法へ変更しました(2009.12.13)
 注目 伊東温泉共同浴場温泉マップ 公開しました!
 注目 ★全国駅前温泉リスト★ 随時更新中 (2010.8.17 更新) オススメ

tag関連エントリ(Google AJAX Feed)

Loading..Please Wait

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

投稿後は管理人承認待ちとなり、承認の上公開されます。記事とは関係のないトラックバックは予告なく削除対象となりますので予めご了承ください。



箱根にごり湯(露天付き客室)きのくにや旅館予約→宿泊レポート 。

旅行が趣味の私ではありますが、この度はじめて露天風呂付き客室の離れに宿泊して参りました。しかも一軒家的な離れです。 しかも濁り湯(にごり湯)、場所は箱根芦之湯温泉にある老舗 きのくにや旅館(紀伊国屋旅館)です。 プライベート感が一般客室とは全然違います。 客室...

箱根にごり湯(露天付き客室)きのくにや旅館予約→宿泊レポート 。

旅行が趣味の私ではありますが、この度はじめて露天風呂付き客室の離れに宿泊して参りました。しかも一軒家的な離れです。 しかも濁り湯(にごり湯)、場所は箱根芦之湯温泉にある老舗 きのくにや旅館(紀伊国屋旅館)です。 プライベート感が一般客室とは全然違います。?...

箱根芦之湯温泉 「きのくにや旅館」 その16 (総評)

さて、これまで15回に渡って「きのくにや旅館」の記事をレポートしてきたが、16回目の今回は最終回ということで総評についてまとめるこ...

箱根芦之湯温泉 「きのくにや旅館」 その15 (黄金湯総論)

今回は疑惑の残る「黄金湯」について、これまでの沸かし湯仮説と他サイトの参考情報を元に総論として話をまとめることにします。 ※参考記...

箱根芦之湯温泉 「きのくにや旅館」 その14 (黄金湯再考)

さて先日、「貴賓殿内湯黄金の湯」に注がれている5本の源泉口のうち、「黄金の湯」と「達磨の湯」は実は沸かし湯ではないのか?という独自...

箱根芦之湯温泉 「きのくにや旅館」 その13 (お食事篇)

今回はお食事篇ということで夕食の模様をお届けします。夕食は2Fの広間で畳敷きにテーブル席であった。 予約時のメールには、『箱根和豚(...

箱根芦之湯温泉 「きのくにや旅館」 その12 (正徳の湯 湯の花揚湯)

宿泊者専用貸切風呂「正徳の湯」。今回は右側の浴槽についてまとめてみた。湯の花温泉からの町内引湯している湯で湯は無色透明。自然湧出自...

箱根芦之湯温泉 「きのくにや旅館」 その11 (正徳の湯 硫黄泉)

宿泊者専用貸切風呂である「正徳の湯」。今回は2つの湯舟の内、左手の硫黄泉浴槽についてとりあげる。 全景。木枠で囲われた趣のある湯...

箱根芦之湯温泉 「きのくにや旅館」 その10 (正徳の湯)

旅館一番の人気浴槽である宿泊者専用貸切風呂「正徳の湯」。脱衣場に掲示されている案内によると平成11年に昔に近い状態で再現し立て替え...

箱根芦之湯温泉 「きのくにや旅館」 その9 (貴賓殿山風の湯)

「貴賓殿」の外湯で、あずまや風露天岩風呂の「山風の湯」。旧重曹芒硝泉を利用した湯で無色透明。温泉宿らしい手ごろな広さの岩風呂で中庭...

箱根芦之湯温泉 「きのくにや旅館」 その8 (貴賓殿黄金湯)

今回は「貴賓殿」の内湯である「黄金湯」についてまとめてみた。ここの浴槽は壁から5本の竹筒が並び出ており、湯が流れ落ち注ぎこまれてい...

箱根芦之湯温泉 「きのくにや旅館」 その7 (貴賓殿)

これからもうひとつの湯殿である「貴賓殿」についてお伝えしていきます。「湯香殿」から渡り廊下を歩いた先にあり、当日は大学生の団体さん...

箱根芦之湯温泉 「きのくにや旅館」 その6 (神遊風呂)

6回目は敷地内に自然湧出する硫黄泉源泉をほぼそのまま味わえる「神遊風呂」について。陶器の一人用湯舟であるが循環していない湯が楽しめ...

箱根芦之湯温泉 「きのくにや旅館」 その5 (芦ノ湖周遊風呂)

5回目は湯香殿の外湯露天風呂「芦ノ湖周遊風呂」。芦ノ湖を模った岩風呂で底はタイル張り。深さはあまりなく、実際はひざくらいまでしか水...

箱根芦之湯温泉 「きのくにや旅館」 その4 (湯香殿内湯)

今回から数回にわけて各湯殿についてレポートをお届けします。まず最初は本館「春還楼」の浴場から。「湯香殿」という名であり男湯は内湯が...

箱根芦之湯温泉 「きのくにや旅館」 その3 (お部屋篇)

3回目の今回はお部屋篇をお届けします。チェックインの際に宿泊利用者は貸切風呂が30分無料で利用できるので希望の風呂の種類と時間帯、...

箱根芦之湯温泉 「きのくにや旅館」 その2

「きのくにや旅館」2回目は全体的な紹介など。 利用したのは本館春還楼。施設は本館と別館とあり、本館は春還楼、吉昇亭とあり別館は遊...

コメント


cup 編集後記


本文中に記事へのURLリンクを追記

コメントの投稿

投稿後は管理人承認待ちとなり、承認の上公開されます。記事とは関係のないコメントは予告なく削除対象となりますので予めご了承ください。


非公開コメント

ブログ内 記事検索
カテゴリ
全記事一覧表示
カテゴリ別全タイトル表示 NEW
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
タグリスト

RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ホームページリンク
素材リンク集
ゆーりの休日 2000ピクセル以上のフリー写真素材集 写真素材ポラリス
フリーエリア
リンク
プロフィール

やっすぃぃぃー

Author:やっすぃぃぃー

趣味はダイビングと鉄道旅行。ダイビングライセンスはダイブマスター、鉄道ではJR全線乗りつぶし達成済という異才。温泉、駅弁、ラーメン、路面電車、お城巡りも好きな凝り性。横浜市内在住。HP

やっすぃぃぃーの愛車
レガシィ

スバル・レガシィB4の話題を『みんカラ』SNSでいろいろまとめてます。車の話題を随時掲載中です♪
『亡き後を考える』シリーズ記事
温泉トピックス
温泉比較リスト
温泉マップ
GoogleMAPで温泉マップを作成しました。湯巡りの際のご参考に!

伊東温泉共同浴場10湯
鹿児島市内温泉銭湯20湯
ブログ開設から何日経った?
サイト内 人気ページランキング
検索サイト キーワードランキング
FC2拍手ランキング
FC2アクセスランキング
17位 温泉旅行
278位 旅行
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログパーツ レンタルCGI
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。