上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手する ※見てくださった方々へ、、ご参考になれば幸いです。よろしければ「拍手」頂ければウレシイです


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング ブログランキングのブログん家 blogram投票ボタン

 注目 Blog 記事タイトル レイアウト変更 を行いました(2010.02.09)
 注目 Blog 記事に tag関連エントリの自動表示 を行うようにしました(2010.01.05)
 注目 伊東温泉・共同浴場10湯比較リスト 公開しました!(2009.12.20)
 注目 Blog 表示高速化のため、記事を要約して表示する方法へ変更しました(2009.12.13)
 注目 伊東温泉共同浴場温泉マップ 公開しました!
 注目 ★全国駅前温泉リスト★ 随時更新中 (2010.8.17 更新) オススメ

定山渓温泉 「ホテル山水」 お食事篇 オススメ

「ホテル山水」の3回目は食事と総評についてまとめてみた。

 

ホテルチェックイン後、仲居さんにお部屋まで案内されお茶を出される。その際に夕食朝食の時間について都合を聞かれる。食事は両方とも部屋食だそうだ。夕食は18:00、朝食は7:00でお願いした。仲居さんは感じの良い女性の方で、札幌から路線バスで来たのだが1時間以上かかったことをお話すると、苦笑い。車だと実際は40分ぐらいだそうで路線バスは停車が多く時間がかかるんだそう。

 

部屋でしばしゆっくりし、その後はたっぷり湯あみを楽しみお待ちかねの夕食タイムなった。

 


P6020211.jpg 

部屋に運ばれてきたお料理全景。実際にはこの他に後ほど天麩羅などもありかなりボリュームある充実したメニュー。

 

P6020214.jpg 

色とりどりである。1人前でこの量なので2人で利用だったら台の上に料理が乗らないだろう(笑)。

 

P6020213.jpg 

しかし北海道というところはほんとに何を食べてもおいしい。本土では味わえないおいしさ。またそれが楽しみで北海道に来ているわけである

 

P6020212.jpg 

別皿の蟹&お刺身盛り合わせ。予約時に料金高い方を選んだが多分この分が差額ではないかと思われる。海の幸を堪能。お腹いっぱいで幸せ気分。食後にデザートでおしまい。

 

P6030216.jpg 

こちらは朝食。ザ・和朝食といった感じである。もちろん温泉たまご付である。おいしくいただいた。朝からご飯ばっくばく。食べ過ぎなくらい食べてしまったのは内緒だ(苦笑)。

 

朝食後、かたづけの際に部屋にコーヒーが運ばれてきた。おぉ、コーヒーが飲みたかったんだ!。旅館などで和食メインの食事でも朝は必ずコーヒーを飲みたい、しかもブラックで!。コーヒーのない生活は考えられない私としては非常にありがたい。コーヒーがでない宿が実際には多いので気が効いたサービスだ。コーヒーだが朝ロビーでも無料で提供されている。チェックアウト時の待ち時間もゆったり過ごせる。

 

今回泊まってみた印象だが、評判通りのすばらしい宿であった。派手さや豪華さはないが、宿本来の根本的な部分すなわち基本姿勢が十分感じ取れる。私はひとり旅が多いが、和風旅館の多くはひとり利用者への対応が行き届いていないところが非常に多い。その中にあって「ホテル山水」はとても居心地よくゆったりのんびり過ごせた。1人1部屋1泊2食で15,900円、けっして安くはないがこの値段が高いと思わないだけの質を提供している。

 

仲居さんも感じのいい方だったし、布団敷きに来た男性の方は気さくであった。チェックアウト時、女将さんが真駒内まで団体さんの送迎があるので一緒にどうぞと誘っていただいたが丁重にお断りした。バス代が浮くがひとり旅では団体さんと一緒の行動はできるだけ避けたい、疲れちゃうからね。それとチェックアウト時、旦那さんが派手に大きなくしゃみをしていた(苦笑)。旦那さんと接したのはそれだけだったのは残念であった。

 

最後にチェックアウトの際におかみさんからディズニーの6色ボールペンと1冊の本を頂いた。初めてみた本だが 「北海道いい旅研究室第11号」 というものであった。創刊10年を向かえたあざらし責任編集という不定期自費出版本のようで温泉モデルがタオルを巻かないで湯舟に入りカラーページで温泉の紹介をしているのに正直驚く(実際には腕でたくみに隠している)。

 

今回の北海道の旅で手があいたときに暇つぶしで読んでみたが、言いたい放題のことが書かれた自己中な内容で正直違和感を覚え、”なんだこりゃ?” であった。しかし読み進むにつれそれはそれ、と思うようになってきた。ポリシーだがプロのライターの紀行文は載せず道内在住のおじさんのコラムを載せる、読者の声をいっぱい載せ、宿の広告は載せない。企画はひとりで考え、自分で取材した情報だけ正確に載せる、いばらない、頭は下げない・・・だとか。なるほどねぇ、、良くも悪くもホンネ本です。

 

9:53 の札幌行きの路線バスで宿を後にしたが、経路は定山渓温泉界隈をぐるっとまわってまた同じ場所に戻って札幌方面へ向かうようになっていた。連日の寝不足からバスではほとんど寝て過ごすこととなった。

関連記事

拍手する ※見てくださった方々へ、、ご参考になれば幸いです。よろしければ「拍手」頂ければウレシイです

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

tag :温泉 温泉宿 グルメ かけ流し 駅前ではない温泉 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング ブログランキングのブログん家 blogram投票ボタン

 注目 Blog 記事タイトル レイアウト変更 を行いました(2010.02.09)
 注目 Blog 記事に tag関連エントリの自動表示 を行うようにしました(2010.01.05)
 注目 伊東温泉・共同浴場10湯比較リスト 公開しました!(2009.12.20)
 注目 Blog 表示高速化のため、記事を要約して表示する方法へ変更しました(2009.12.13)
 注目 伊東温泉共同浴場温泉マップ 公開しました!
 注目 ★全国駅前温泉リスト★ 随時更新中 (2010.8.17 更新) オススメ

tag関連エントリ(Google AJAX Feed)

Loading..Please Wait

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

投稿後は管理人承認待ちとなり、承認の上公開されます。記事とは関係のないトラックバックは予告なく削除対象となりますので予めご了承ください。



コメント


cup ホテル山水 私も感動しました!


今回初めてクラス会で、この宿に宿泊しました。
本当に良い宿でした。
それで『定山渓温泉 ホテル山水』で検索したらココのブログが面白そうだったので・・・♪
私達夫婦も温泉が大好きです。
今度、温泉旅行を計画したら必ず参考にさせて頂きます。
宜しくお願いします。

早速『お気に入り』に追加しました。
いつも時間に追われて暮らしているので、頻繁には来れませんが
時々、纏め読みさせて頂きます。(不躾者で済みません)

では では 

コメントの投稿

投稿後は管理人承認待ちとなり、承認の上公開されます。記事とは関係のないコメントは予告なく削除対象となりますので予めご了承ください。


非公開コメント

ブログ内 記事検索
カテゴリ
全記事一覧表示
カテゴリ別全タイトル表示 NEW
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
タグリスト

RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ホームページリンク
素材リンク集
ゆーりの休日 2000ピクセル以上のフリー写真素材集 写真素材ポラリス
フリーエリア
リンク
プロフィール

やっすぃぃぃー

Author:やっすぃぃぃー

趣味はダイビングと鉄道旅行。ダイビングライセンスはダイブマスター、鉄道ではJR全線乗りつぶし達成済という異才。温泉、駅弁、ラーメン、路面電車、お城巡りも好きな凝り性。横浜市内在住。HP

やっすぃぃぃーの愛車
レガシィ

スバル・レガシィB4の話題を『みんカラ』SNSでいろいろまとめてます。車の話題を随時掲載中です♪
『亡き後を考える』シリーズ記事
温泉トピックス
温泉比較リスト
温泉マップ
GoogleMAPで温泉マップを作成しました。湯巡りの際のご参考に!

伊東温泉共同浴場10湯
鹿児島市内温泉銭湯20湯
ブログ開設から何日経った?
サイト内 人気ページランキング
検索サイト キーワードランキング
FC2拍手ランキング
FC2アクセスランキング
25位 温泉旅行
352位 旅行
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログパーツ レンタルCGI
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。