上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手する ※見てくださった方々へ、、ご参考になれば幸いです。よろしければ「拍手」頂ければウレシイです


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング ブログランキングのブログん家 blogram投票ボタン

 注目 Blog 記事タイトル レイアウト変更 を行いました(2010.02.09)
 注目 Blog 記事に tag関連エントリの自動表示 を行うようにしました(2010.01.05)
 注目 伊東温泉・共同浴場10湯比較リスト 公開しました!(2009.12.20)
 注目 Blog 表示高速化のため、記事を要約して表示する方法へ変更しました(2009.12.13)
 注目 伊東温泉共同浴場温泉マップ 公開しました!
 注目 ★全国駅前温泉リスト★ 随時更新中 (2010.8.17 更新) オススメ

苗穂駅前温泉 「蔵ノ湯」

札幌から千歳方面へ1駅となりの苗穂(なえぼ)駅前に日帰り立ち寄り施設 「蔵ノ湯」 がある。駅前ロータリーの道路を挟んだ右手にあり駅至便だ。

 

P6060409.jpg P6060410.jpg P6060411.jpg

 

名称苗穂駅前温泉 「蔵ノ湯」
公式HPhttp://kuranoyu.com/html/
訪問日2009年6月6日
立地函館本線苗穂駅から徒歩1分
営業時間10:00~22:30 無休
料金420円
風呂露天風呂、洞窟風呂あり
泉質弱アルカリ冷鉱泉  ※公式HPではナトリウム塩化物泉と記載あり
泉温不明  ※公式HPでは17.2℃(気温:27.9℃)、pH値 8.1 と記載あり
源泉不明  ※公式HPでは加水加温循環消毒の有無について記載なし
 ※オススメ5段階評価※  gakkari.gif ランク外
 名づけて 「がっかり温泉」 (泉質:高濃度塩素泉)

 

「蔵ノ湯」 の話の前に当日の足跡の紹介を・・

 

前日は富良野界隈、帯広市内の立ち寄り巡りを強行。ホテルでは爆睡であった。明けて6月6日土曜、帯広から札幌へ列車で移動する。

P6060383.jpg P6060390.jpg P6060392.jpg

新造した261系1000番台気動車特急「スーパーとかち4号」。グリーン車1人掛け席で。帯広 11:35 発。JR北海道のグリーンアテンダント(ティンクルレディ)の顧客サービスはピカイチ!。サービスのコーヒーをすすりながら日本三大車窓の1つ、狩勝峠越えを楽しみにしていたが、霞んでいて残念だった。

P6060398.jpg P6060397.jpg P6060399.jpg

札幌 14:00 着。ちょうど大阪に向けて「トワイライトエクスプレス」が旅立つタイミングであったので撮影を。深緑の重厚な車体は気品がありますね

P6060400.jpg P6060401.jpg P6060402.jpg  

トワは大阪への長い道のりの旅に・・。自分はトワは次の日に乗車します。

「リッチモンドホテル札幌駅前」にチェックイン。荷ほどきをし、しばし一服して出かける用意をする。札幌から1駅苗穂駅へ向かう。快速が止まらないので各停で。

 

ということで、苗穂駅に到着。「蔵ノ湯」の話に戻ろう。改札を出ると駅ロータリーがあるが、右手に「蔵ノ湯」の建物が見える。駅からすぐだ。蔵を模しているのだろうかエントランス上は三角の形だ。また即売もやっていた。

 

中へ入る。券売機で420円を払う。スーパー銭湯だが銭湯価格、先日訪れた 「北のたまゆら 桑園」 同様である。前にも話したが、首都圏ではこの規模で銭湯価格はありえないので正直驚く。土曜日ということもあり混みあっている。入口横の椅子の休憩所はほぼいっぱいであった。

 

脱衣所はごく普通、早速浴場へ。ドアをあけるがあまり塩素臭くなかった。おぉ、「北のたまゆら 桑園」 では塩素臭い湯だったから期待がこみあがる。浴場内もけっこうな利用客であった。カランも多め。ちなみにシャンプー類の備え付けはない。

 

弱アルカリ冷鉱泉とだけ書かれている温泉浴槽へ。無色透明な湯だ。早速浸かってみるが妙に落ち着かない・・。。なんか変だ?!

湯だがすくってみると、超塩素臭い!! 。ぐわっつ

体が拒否反応を示していたのはこれか!!・・。湯をすくって臭うだけでなく、触れた手自体がすっかり塩素臭い。くぅーー

 

ありえない高濃度の塩素だ。これまで数々の湯に浸かったがここまで塩素バリバリなのは記憶になく衝撃すら覚える。まるで成分が塩素だけの湯という感じ。。風呂掃除のあと消毒剤が残っていてその湯に浸かっているのだろうか・・。体は消毒されて無菌?なのかもしれんが、病院じゃあるまいしなにしろ気持ち悪い。嫌味をこめて今後、塩素泉と呼ぼう(爆)。

 

早々に立ち去り、洞窟風呂へ。こちらの方がぬるいが・・・、、いやーーーーー。

「塩素の臭いが立ちこめて逆にヒドイ」。。

ここも早々に立ち去る。

 

あーー、、まったく落ち着けない。gakkari.gif

風呂に入る気がうせてしまった。食欲もなくなってしまった。さっきから体が塩素臭くてかなわん。カランでシャワーを浴び早々に退散することにした。

 

出た後もまだ体が塩素臭い。まるでプールあがりのようだ。もしアレルギーをお持ちの方だったら由々しき問題だ。しかしこれだけ塩素臭いなら浴室に入ったときに気づくはずだ。。。よくみると、浴室だが湯気が見えない?。どうも強力な排気システムが作動している模様。してやられた

 

だいたいこの温泉はなんなんだ・・。泉質を調べるために温泉分析書を探す、、探す、、探す・・・が、どこにもない。これまた ありえん!!

 

温泉を名乗るなら温泉分析書の掲示は義務ではないのか?。見つけられない私が悪いのか?。だいたいわかりやすい場所に掲示してこそ意味があるのであろうに。。どこにもないぞ・・どうなっているのだ、ここは?

 

もともと特徴がある湯という感じではなかったが、これだけ塩素漬けでは温泉らしさは微塵も感じられない。しかも予想するに加温循環ろ過であろう。ケンシロウならまっ先に ”この湯はすでに死んでいる” と吐き捨てて湯舟を破壊していることだろう(苦笑)。

 

もう散々な目にあった、、ヒドイ、ヒドすぎる。それでも、「もしかして温泉をうたってないのかな」とも思ったが、帰り際、「天然温泉」ののぼりがしっかりたなびいていた(一番右上証拠写真)。なんということだ・・・。ホテルに帰ってからしっかり体を洗ったのは言うまでもない。

 

土曜日ということもあり実際には大変混み合っていた。塩素注入も普段に増して多いのかもしれないが定かではない。利用客の多くは地元客であろうが、この湯質をどう感じているのだろうか。何度も来ているはずだが420円でこの装備であればOKなのだろうか、リピーターになるのだろうか。塩素は気にならないのであろうか、わかってて利用するのか、わからないのであろうか、気にしないのだろうか。。。。

 

いろいろなことを思い巡らしてしまった。正直な感想はただただ 残念である ということ。

 

北海道は日本有数の温泉地。数々のいい湯が点在し首都圏に住む私からみれば地元の方々はいい湯に浸かる環境に恵まれている。車の所有率だっていいだろう。ちょっと出かければいい湯に入れるのになぜ 塩素泉 にわざわざ浸かるのだろう。悲しいことである。

 

日本人は特に温泉好きと言われている。火山列島である日本は世界有数の温泉大国でもある。古くから湯の恩恵を受けてその地域独自の文化を育んできて今日がある。近年、生活スタイルの変化により身近に手軽にと効率化のあおりばかり受けていることもあり、温泉本来の質の低下が叫ばれて久しい。温泉ファン、温泉マニアの方には 「源泉かけながし」神話が根強い。循環はダメだなー、とか、塩素なんて言語道断とか。

 

しかし本当に湯の違いを肌でわかって良し悪しを判断しているのだろうか?、多くは知識や先入観で判断している部分も多いのではないかと思ってしまう。湯は五感で感じとるものであるべきで、私個人としては加水しようが加温しようが循環ろ過であろうが塩素ありだろうが、肌で感じて心地よい湯であればそれでいいと思っている。湯への先入観なしで体に染み渡る心地よさを感じてみれば、おのずと答えが出てくるものだ。頭で考えてはダメだ。

 

実際に私が個人的に総評しているオススメ5段階評価だが、オール5になっているものの中でも加温や塩素消毒をしている湯が実際にランクインしている。ファンやマニアの方だったら到底オール5とかにしないんでしょうね。でもウチのブログでは源泉100%かけながしの湯だったとしてもオール3だったりします。心地よさをトータルで考えて判断しているつもりです。

 

さて、「蔵ノ湯」のオススメ5段階評価だが、初の ランク外 とした。

正直まったくもってオススメできないのでいたしかたない。あたらしく 「がっかり温泉」の分類を作るきっかけとなってしまった。。。。gakkari.gif

関連記事


拍手する ※見てくださった方々へ、、ご参考になれば幸いです。よろしければ「拍手」頂ければウレシイです

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

tag :立ち寄り湯 駅前温泉 温泉 循環あり 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング ブログランキングのブログん家 blogram投票ボタン

 注目 Blog 記事タイトル レイアウト変更 を行いました(2010.02.09)
 注目 Blog 記事に tag関連エントリの自動表示 を行うようにしました(2010.01.05)
 注目 伊東温泉・共同浴場10湯比較リスト 公開しました!(2009.12.20)
 注目 Blog 表示高速化のため、記事を要約して表示する方法へ変更しました(2009.12.13)
 注目 伊東温泉共同浴場温泉マップ 公開しました!
 注目 ★全国駅前温泉リスト★ 随時更新中 (2010.8.17 更新) オススメ

tag関連エントリ(Google AJAX Feed)

Loading..Please Wait

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

投稿後は管理人承認待ちとなり、承認の上公開されます。記事とは関係のないトラックバックは予告なく削除対象となりますので予めご了承ください。



コメント


cup 加筆修正


公式HPのURLが判明したので追記。泉質、泉温、源泉についてHP情報からコメントを追記。

コメントの投稿

投稿後は管理人承認待ちとなり、承認の上公開されます。記事とは関係のないコメントは予告なく削除対象となりますので予めご了承ください。


非公開コメント

ブログ内 記事検索
カテゴリ
全記事一覧表示
カテゴリ別全タイトル表示 NEW
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
タグリスト

RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ホームページリンク
素材リンク集
ゆーりの休日 2000ピクセル以上のフリー写真素材集 写真素材ポラリス
フリーエリア
リンク
プロフィール

やっすぃぃぃー

Author:やっすぃぃぃー

趣味はダイビングと鉄道旅行。ダイビングライセンスはダイブマスター、鉄道ではJR全線乗りつぶし達成済という異才。温泉、駅弁、ラーメン、路面電車、お城巡りも好きな凝り性。横浜市内在住。HP

やっすぃぃぃーの愛車
レガシィ

スバル・レガシィB4の話題を『みんカラ』SNSでいろいろまとめてます。車の話題を随時掲載中です♪
『亡き後を考える』シリーズ記事
温泉トピックス
温泉比較リスト
温泉マップ
GoogleMAPで温泉マップを作成しました。湯巡りの際のご参考に!

伊東温泉共同浴場10湯
鹿児島市内温泉銭湯20湯
ブログ開設から何日経った?
サイト内 人気ページランキング
検索サイト キーワードランキング
FC2拍手ランキング
FC2アクセスランキング
14位 温泉旅行
246位 旅行
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログパーツ レンタルCGI
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。